ZOZOは2019年9月12日に取締役会を開き、ヤフーによる子会社化に向けた資本業務提携と共に前沢友作氏が社長を退く人事を決議した。ヤフー子会社となる新たな体制で、前沢前社長が後継者に指名したのが沢田宏太郎新社長(前取締役)だ。1970年生まれの48歳で、ZOZOグループには2008年に加わった。

ZOZOの社長兼CEO(最高経営責任者)に就任した沢田宏太郎氏
(出所:ZOZO)
[画像のクリックで拡大表示]

 沢田氏がキャリアをスタートさせたのは1994年に入社したNTTデータだ。1998年にNTTデータ子会社でコンサルティングや調査を手掛けるNTTデータ経営研究所に籍を移し、2005年にはアクセンチュア日本法人の出身者らが設立したスカイライトコンサルティングに活躍の場を移した。

 2008年にスタートトゥデイ(現ZOZO)がアパレルメーカーの自社ECサイト構築をコンサルティングする子会社スタートトゥデイコンサルティングを設立した際にコンサルタントの経験などを買われ、社長として招へいされた。同社が2013年に親会社に吸収合併された際に取締役に就任。マーケティング担当を経て、直近まではZOZOTOWN事業全体を統括していた。