中国アリババクラウド(Alibaba Cloud)がアジア市場で攻勢を強めている。サービスを提供するデータセンターを、中国を中心にマレーシア、インドネシア、日本、インドなどへ拡大。米ガートナー(Gartner)の調査によれば、アジア太平洋地域に限って見ると、米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)や米マイクロソフト(Microsoft)を抑え、アリババクラウドはIaaSおよびIUS(インフラストラクチャー・ユーティリティー・サービス)分野で2017年、18年と2年連続で市場シェア1位を取っている。

 アリババクラウドの特徴の1つが、独自に構築したAI(人工知能)プラットフォームだ。その上では、ECサイト「淘宝(Taobao)」や物流サービス「菜鳥網絡(Cainiao)」などアリババグループの各種サービスが稼働している。そうしたサービスから得た大量のデータをAIで分析し、各種サービスを改善すると同時に、AIプラットフォームも強化する。このエコシステムの存在がアリババクラウドの強みである。

 アリババクラウドに集めるデータは増えるばかりだ。増え続ける大量のデータを高速に分析するにはコンピューティングパワーも継続的に高める必要がある。

 中国浙江省杭州市で2019年9月25日から3日間にわたって開催された、アリババクラウドの年次イベント「Apsara Conference(雲栖大会) 2019」では、同社にとって第6世代となる仮想マシンサービス「Elastic Compute Service(ECS)」を発表した。アーキテクチャーの見直しなどによって処理性能を向上させた。

Apsara Conference 2019の展示会場の様子
(出所:アリババクラウド)
[画像のクリックで拡大表示]

 イベントの基調講演では新旧のECSでオープンソースのリレーショナルデータベースソフト「MySQL」を動作させたベンチマーク結果を紹介し、第6世代の性能をアピールした。第6世代は第5世代に比べてCPUパワーを20%向上、メモリーの遅延時間を30%削減、ストレージI/Oの遅延時間を70%削減したとみられる。

 同社は第6世代のECSを、合わせて発表した第3世代のクラウド基盤「X-Dragon Architecture」に基づいて開発した。ECSをはじめとしてベアメタル(OSや仮想化ミドルウエアなどを導入していない物理サーバーのクラウドサービス)やコンテナといったアリババクラウドのコンピューティングサービスを今後この新アーキテクチャーに移行していくという。

 アリババクラウドの今後の展開はどうか。

 中国国内のIaaS市場でアリババクラウドは40%以上のシェアを持っているとみられる。ダントツの1位だ。同社は2019年3月の自社イベントで、中国国内のIaaS市場のリーダーであり、2位から8位のクラウド事業者の合計よりも大きなシェアを持っていると発表している。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら