「デジタルエコノミーを深めるには、データインテリジェンス(データ分析を通じた知見の獲得)の推進がさらに重要になってくる」――。

 中国浙江省杭州市で2019年9月25日から3日間にわたって開催された、中国アリババクラウド(Alibaba Cloud)の年次イベント「Apsara Conference(雲栖大会) 2019」。基調講演でアリババグループのダニエル・チャン(張勇)CEO(最高経営責任者)は、ビッグデータ活用による「データドリブンなビジネス変革」を加速する姿勢を示した。

Apsara Conferenceの基調講演に登壇したアリババグループのダニエル・チャンCEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ビッグデータは石油、コンピューティングパワーはエンジン」と見立て、両者をバランスよく活用して既存のビジネスをデジタル化していく必要があると訴えた。

 杭州市に本社を置くアリババグループは、EC(電子商取引)事業やクラウドコンピューティング事業、デジタルメディア&エンターテインメント事業などを手掛ける。「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる(To make it easy to do business anywhere)」をグループのミッションに掲げ、ITとマーケティングを通じて自社グループと顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)に挑んでいる。

 それを支えるITプラットフォームがアリババクラウドだ。2019年度(2018年4月1日~19年3月31日)の売上高は前年度比76%増の247億元(3952億円)と大きく成長している。

 米ガートナー(Gartner)の調査によれば、アリババクラウドは米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)、米マイクロソフト(Microsoft)に次ぐ世界3位のIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)事業者だ。アジア太平洋地域に限って見ると、AWSとマイクロソフトを抑え、IaaSおよびIUS(インフラストラクチャー・ユーティリティー・サービス)分野で2017年、18年と2年連続で市場シェア1位を誇る。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら