マルウエア感染の疑いがあればネットワークを切り離してスキャン

 マルウエアに感染するとデータを盗まれたり壊されたりといった被害だけでなく、他の攻撃に加担させられる可能性もある。こうした被害の拡大を阻止するには、感染したときの危険信号を知ることが重要である。早期に不審な挙動に気づければ、被害を最小限に抑えられる。

 マルウエアに感染したときの症状としては、PCの動作が遅くなる、アプリが強制終了する、突然再起動する、不審なポップアップが表示されるなどがある。送った覚えのないメールの送信履歴がある、アプリが勝手に起動するといった症状が見られたら、第三者に遠隔操作されている恐れがある。PCを使っていてこうした不自然な挙動を感じたら、すぐにマルウエアに感染していないかどうかチェックしよう。

 マルウエア対策の基本は、PCをネットワークから切り離してからスキャンを実行することだ。感染したPCは、ネットワークにつながった他の端末にも被害を与える。すぐにWi-Fiを切断したり、LANケーブルを抜いたりなどして、PCをオフラインにすることが重要だ。オフラインにしてからマルウエアに感染していないかどうかを確認しよう。

スキャンを実行するときは、通知領域の「^」をクリックし、「Windowsセキュリティ」を開く。
[画像のクリックで拡大表示]
「Windowsセキュリティ」が表示されるので、「ウイルスと脅威の防止」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
「現在の脅威」にある「スキャンのオプション」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
マルウエア感染の疑いがあれば、ディスク上の全ファイルと実行中のプログラムをスキャンする「フル スキャン」を選び「今すぐスキャン」をクリックする。マルウエアにはWindowsが起動していると検出できないものもある。フル スキャンで検出されなかったら「Windows Defenderオフライン スキャン」を選択してスキャンする
[画像のクリックで拡大表示]

セキュリティー対策アプリ開発元が提供するオンラインスキャンも併用

 「Windowsセキュリティー」は全てのマルウエアを検出できるわけではない。別のセキュリティーソフトで二重にチェックできればベターだ。しかし、1台のPCに複数のセキュリティーソフトをインストールすると不具合が起こる可能性がある。またPCの動作が遅くなるのが嫌だという人もいるだろう。

 こうしたケースで使うと便利なのが「オンラインスキャン」だ。これはセキュリティーソフトのメーカーが無料で提供しているウイルススキャンのサービスだ。実際はサービスのWebサイトからファイルをダウンロードしてスキャンする仕組みになっている。他のセキュリティーソフトがインストールされていても利用可能なので、PCの状態を二重でチェックできる。

 オンライン スキャンは基本的にユーザー登録などの必要がないので、手軽に利用できる。ここでは、トレンドマイクロとエフセキュアのオンラインスキャンを紹介する。

トレンドマイクロの「トレンドマイクロ オンライン スキャン」(https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome/products/onlinescan.html)は、マルウエアの検出に特化している。スキャンの実行時に最新のパターンファイルを導入するので、マルウエアの検出率が高いという
(出所:トレンドマイクロ)
[画像のクリックで拡大表示]
フィンランドのエフセキュア(F-Secure)が提供する「F-Secure オンライン スキャナ」(https://www.f-secure.com/ja_JP/web/home_jp/online-scanner)は、マルウエアの検出と削除に対応している
(出所:エフセキュア)
[画像のクリックで拡大表示]