Windows Updateやサイズの大きなアプリを削除する

 ストレージを逼迫する原因は他にもある。代表的なのは「以前のWindowsのインストール」と呼ばれるデータだ。Windows 10は、年に2回大型アップデートが提供される。これをインストールすると、以前のバージョンのWindowsを構成するファイルが「Windows.old」というフォルダーにバックアップされる。これは大型アップデートで不具合が起きた場合に、以前のバージョンに戻せるようにするためのものだ。

 だが「Windows.old」は数十Gバイトの容量を使うため、ストレージを大きく逼迫する原因となる。新しいバージョンをしばらく使ってみて、正常に動作していることが確認できたら、削除を検討してもいいだろう。このとき、元に戻せなくなるデメリットも考慮に入れておく必要がある。

 これ以外に、Windows Updateの更新プログラムやWindowsアップグレードのログ ファイルなども、ストレージを大きく逼迫する原因となる。Windowsの動作に問題がなければ、一緒に削除したほうがいいだろう。

 インストールされているアプリケーションもチェックしておきたい。アプリの中には、極端にファイル サイズが大きいものも存在する。Windows 10の「ストレージ」画面でアプリが使っているファイル サイズを簡単に確認できるので、どのアプリがストレージを占有しているかひと目で理解できる。サイズの大きい不要なアプリがあれば、削除するとストレージの空き容量に余裕ができる。

「Windowsの設定」で「システム」ー「ストレージ」を開く。「ローカルディスク(C:)」でファイルの種類ごとのストレージ利用量を確認できる。「以前のWindowsのインストール」などを削除するには、「一時ファイル」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
削除しても問題ない一時ファイルと、利用している容量が一覧表示される。「以前のWindowsのインストール」や「Windows Updateのクリーンアップ」、「Windowsアップグレード ログ ファイル」などで不要なものにチェックを付けて、「ファイルの削除」をクリックして削除する
[画像のクリックで拡大表示]
「ストレージ」画面で「アプリと機能」をクリックすると、インストールされているアプリの一覧が表示される。「並べ替え」で「サイズ」を選択すると、ファイル サイズが大きい順に並べ替えられる。不要なアプリをアンインストールするには、アプリ名、「アンインストール」の順にクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルの誤削除や上書きは「ファイル履歴」から復元

 必要なファイルやフォルダーを誤って削除したり、上書きしてしまったりするトラブルは少なくない。

 ファイルの誤削除の場合、削除直後ならごみ箱にファイルが残っているはずなので、そこから戻せばよい。しかし、いつ削除したか分からないファイルの場合、ごみ箱に残っていないこともある。また上書きだと、そのままでは元に戻せない場合もある。このようなときは「ファイル履歴」から復元すればよい。

 「ファイル履歴」は、「ドキュメント」や「ピクチャ」などのユーザー フォルダーとOneDriveフォルダーにあるファイルを定期的に自動でバックアップする機能だ。初期状態では無効になっているため、バックアップ先の外部ストレージに接続して、機能を有効にする必要がある。大切なデータを守るためにも、ぜひ設定しておきたい。

 「ファイル履歴」でファイルを復元するには、バックアップした日時を選択する。そのときにバックアップされたフォルダーが一覧で表示されるので、この中から元に戻したいファイルを選択すればよい。

「ファイル履歴」を有効にするには、外付けハードディスクなどの外部ストレージを接続し、「Windowsの設定」で「更新とセキュリティ」ー「バックアップ」を開く。「ドライブの追加」をクリックして外部ストレージを選択する
[画像のクリックで拡大表示]
「ファイル履歴」が有効になると、「ファイルのバックアップを自動的に実行」がオンになる。「その他のオプション」をクリックすると、バックアップ対象のフォルダーやバックアップを実行するタイミングなどを設定できる
[画像のクリックで拡大表示]
ファイルを復元する場合は、「Windowsの設定」で「更新とセキュリティ」ー「バックアップ」ー「その他のオプション」を開く。画面下部までスクロールして「現在のバックアップからファイルを復元」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
「ファイル履歴」画面が表示される。画面下部のボタンをクリックして、復元したいバックアップ日時を表示する。表示されているフォルダーやファイルを選択して「復元」ボタンをクリックすると、フォルダーやファイルが元の場所に復元される。復元場所に同名のフォルダーやファイルがあるときは、保存を確認する画面が表示される
[画像のクリックで拡大表示]