PCは画面を見ながら操作するものだからこそ、画面表示が乱れると作業が進められなくなってしまう。しかし「表示がおかしい」といっても、その症状は様々。どのように表示がおかしいのによって、対処方法が変わってくる。

 Windows 10には、表示に関する設定が複数存在する。それら全てを一つひとつ確認していくのは骨の折れる作業だし、時間がもったいない。表示のトラブルも他のトラブルと同様に、まずは自分のPCに起こっている症状を把握し、関係する設定を確認するのがトラブル解消の近道だ。

 そこで今回は、デスクトップの表示や文字化けといったトラブルの対処方法を紹介していく。

デスクトップが狭いと感じたら解像度や拡大鏡を調整

 デスクトップの表示が突然大きくなって文字やアイコンが画面からはみ出してしまうようなトラブルは、主に解像度が適切に設定されていないのが原因である。解像度とは、デスクトップの広さを設定するものと考えれば分かりやすいだろう。

 解像度が設定可能なサイズより小さく設定されていると、それだけデスクトップが狭くなり画面に表示される情報量が減ってしまう。通常は最適な解像度が自動設定されるが、Windows Updateの実行などのタイミングで設定が変更されてしまうこともある。

 1台のPCに複数のディスプレーを接続して同時に表示する「マルチ ディスプレイ」機能を利用してマルチディスプレー環境にしている場合は、さらに注意が必要だ。マルチディスプレー環境では、ディスプレーごとに解像度を設定する。だが間違って、別のディスプレーを選択したまま解像度を設定してしまうことがある。マルチディスプレー環境でPCを使う際は、設定対象のディスプレーを正しく選択しているか必ず確認しよう。

「Windowsの設定」で、「システム」-「ディスプレイ」の順に開き、「ディスプレイの解像度」で適切な解像度を選択する。特に指定がない場合は、「(推奨)」と書かれたものを選べばよい
[画像のクリックで拡大表示]
マルチディスプレー環境では、この画面の上部でディスプレーを選択できる。設定するディスプレーを選択してから操作する。「識別」をクリックすると、各ディスプレーに割り当てられた番号を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 10には、ユーザーを補助するツールとして「拡大鏡」が用意されている。拡大鏡を使うと、画面を拡大して文字を読みやすくできる。マウスを動かすとその方向に画面がスクロールする。拡大鏡はショートカットキー(「Windows」キー+「+」キー)が用意されており、誤操作で突然起動してしまうことがある。もし突然画面が拡大されたら、慌てず解除すればよい。

拡大鏡が起動すると、画面がズームされてマウスを動かした方向に画面がスクロールする。拡大鏡を終了するには、「拡大鏡」ツール バーの「×」をクリックするか、「Windows」キー+「Esc」キーを押す
[画像のクリックで拡大表示]