「アクティブ時間」でWindows Updateによる勝手な再起動を防ぐ

 Windows Updateはアプリの不具合やセキュリティなどの問題を修正し、Windows 10を最新の状態にする重要な機能である。しかしWindows Updateで更新されるプログラムによっては、Windows 10の再起動が必要になる。ここで問題になるのは、勝手に再起動してしまうケースがあることだ。作成中のファイルを未保存のまま席を外すこともあるだろう。そんなときに勝手に再起動したら、大切なファイルが失われてしまう。

 Windows UpdateによってWindows PCが勝手に再起動されないようにする方法の1つは、PCに「アクティブ時間」を設定することだ。アクティブ時間は、設定した時間帯に更新プログラムがインストールされても勝手に再起動しないようにする機能である。普段PCを使っている時間をWindows 10が判断し、再起動しても大丈夫な時間を自動調整してくれる。

 ただしWindows 10による自動調整の場合、実際にPCを使っている時間に調整されてしまう恐れもある。PCを使う時間が決まっているなら、手動で直接、再起動させたくない時間帯を指定したほうがよい。

「Windowsの設定」で、「更新とセキュリティ」-「Windows Update」を開き、「アクティブ時間の変更」をクリックすると表示される設定画面で、アクティブ時間を自動調整または手動で指定する
[画像のクリックで拡大表示]
「アクティブ時間」画面が表示されるので、開始時刻と終了時刻を設定して「保存」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

再起動が必要なときに通知してもらう

 Windows Updateによる勝手な再起動を防ぐもう1つの有効な方法は、再起動する前に通知してくれるよう設定することだ。こうしておくと、再起動が必要になった場合に再起動するかどうかが通知される。作業中であれば後で再起動するよう指定できるので、自分の意思に反して再起動されることを防げる。アクティブ時間と一緒に設定しておくと、より安心してPCを使える。

「Windowsの設定」で「更新とセキュリティ」-「Windows Update」の順に開き、「詳細オプション」をクリックする。このオプション設定画面で「更新を完了するためにPCの再起動が必要な場合は、通知を表示します」をオンにする
[画像のクリックで拡大表示]
岩渕 茂(いわぶち しげる)
IT関連の雑誌や書籍などの執筆をメインに活動するライター。近年は大手メーカーのWeb媒体でも連載を執筆中。執筆活動の他に、映像制作も手掛ける。