サインインのパスワードを忘れたときはリセット

 「パスワードを忘れてしまい、Windows 10を使い始められなくなる」というトラブルは意外に多い。Windows 10は、サインイン画面からパスワードをリセットできるようになっているので、このトラブルは比較的簡単に解消できる。ただしWindows 10は「Microsoft アカウント」か「ローカル アカウント」のどちらかでサインインするようになっており、使っているアカウントの種類によって対処方法が異なる。

 Microsoft アカウントは、「outlook.jp」や「hotmail.com」などのメールアドレスをユーザーアカウントとして使っているものだ。Microsoft アカウントのアカウント情報はネットワーク上に保存されているため、インターネットに接続した状態でパスワードをリセットする必要がある。通常はWindows 10を起動すると、サインインしなくてもネットワークには接続される。ログイン画面でパスワードに誤りがあると表示される「パスワードを忘れた場合」のリンクをクリックして、画面の指示に従ってパスワードをリセットすればよい。

 なおWindows 10のバージョンが古い場合は、サインイン画面からパスワードを変更することができない。この場合は、ネットワークに接続できる別のPCから米マイクロソフト(Microsoft)の「アカウントの回復」Webサイト(https://account.live.com/password/reset)にアクセスして、画面の指示に従ってリセットする必要がある。

パスワードに誤りがあると表示される「パスワードを忘れた場合」のリンクをクリックすると、この画面が表示される。サインインに使っているメールアドレスを入力して「次へ」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
Microsoft アカウントに設定している電話番号またはメールアドレスを選択。電話番号の下4桁または登録しているメールアドレスを入力し、「コードの取得」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
正しいコードが入力されると、「パスワードのリセット」画面が表示される。新しく設定するパスワードを入力して「次へ」をクリック。あとは画面の指示に従って操作すれば、新しいパスワードが設定される
[画像のクリックで拡大表示]