2019年9月に開催された米アップル(Apple)のスペシャルイベントで、例年通りiPhoneの新製品が発表された。「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種だ。その概要については「リーク情報通りで新鮮味がない」という意見も聞こえてくるが、イベント自体はアップルの今後の方向性が随所に垣間見られ、非常に興味を持って見ていた。

iPhone 11
(出所:アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 個人的にiPhone Xの発表以降はあまりiPhoneの主力機種に興味が持てず、筆者自身はiPhone 8を購入したのに加え、知人にもiPhone 8の購入を積極的に勧めていた。だが、今回のiPhone 11は一考の余地があると考えている。特に手持ちのiPhone 7 Plusが使用中に突然再起動するといった不審な挙動をとることもあり、頃合いを見計らってiPhone 11 Proへの乗り換えを検討している。

 今回はイベントで気になったポイントを振り返りつつ、iPhone 11を評価するに至った根拠についてまとめていきたい。

iPhone 11を標準製品として前面にプッシュ

 「iPhoneのリアカメラはエントリーモデルが2眼、ハイエンドモデルが3眼になる」というのはリーク情報としてイベント前からネット界隈(かいわい)で出回っていた。米クアルコム(Qualcomm)との和解で5G(第5世代移動通信システム)対応が2020年登場モデルに決定する中、機能的なアップグレードは主にカメラに偏り、イベントでのアピールポイントも必然的にカメラを使った新しい撮影機能の紹介となるというのは事前に予想できた話だ。

 iPhone 11の前世代に当たるiPhone XRは、上位モデルとなるiPhone XS/XS Maxとの差別化とコスト削減のためカメラは1つのみだった。今回はメインストリームとなるiPhone 11にまで2つのカメラを搭載したことで、アップルが考えるカメラ機能の標準ラインは「2眼」となった。

 さらに言えば、iPhone XRは当初の価格が749ドルだったのに対し、iPhone 11は699ドルまで落としている。本来であれば以前と同等かそれよりも高い水準になってもおかしくないのにかかわらず、部品コスト削減だけでは難しいと思われる価格引き下げに向かったのは、利益を多少削ってでもiPhoneの販売台数を増やしたいという同社の意思を感じる。

 このように2眼になったiPhone 11だが、面白いのはカメラの組み合わせが「広角+超広角」になっている点だ。同じく2眼を搭載したiPhone XSまでは「広角+望遠」だったわけで、当然使い方も撮影アプリの作りも変わってくる。デモンストレーションでは普通に撮影するだけで、広角の映像も含めた超広角での映像を記録しておき、後で好きな形に枠から切り取ったり、角度を修正したりと、これまでのカメラアプリには無かった使い方を紹介していた。

 また、一般的な用途で考えれば集合写真や風景撮影に向いた広角寄りのほうが便利なわけで、Instagramなどのソーシャルネットワークへのアップロードにも向いている。仮に望遠モジュールのほうが高価という理由だったとしても、広角レンズを搭載したほうがアップルの想定する一般的なiPhoneユーザーの用途には向いており、このあたりは大きな評価ポイントだと思う。

 一方で、より本格的にカメラ機能を撮影で使いたいというユーザーには、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxという選択肢が用意されいる。価格は従来同様でそれなりに高いが、「ハイエンドでなくてもいい」というユーザーに向けiPhone 11という選択肢を用意したところが今回の大きな特徴だろう。

 iPhone XRは内蔵プロセッサーなどの機能面を除けば明らかにハイエンドモデルとは差別化が行われており、本来アップルが「これが一番売れるだろう」ということで製造量を多めに確保した。ところが思うように売れず、XRの製造量の予測値を段階的に下げざるを得なくなった経緯がある。今回のイベントでは「多くの機能や高い性能が欲しいユーザーはこちらを」といったようにiPhone 11 Pro/11 Pro Maxを追加モデルとしてイベント内で紹介したのは、iPhone 11を標準製品として前面にプッシュする意図があったためだと推察する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら