米国時間2019年9月10日(日本時間9月11日)、米アップル(Apple)がiPhone 11シリーズを発表した。今回登場したのは大きく3モデル。上位機のiPhone 11 Proと大画面のiPhone 11 Pro Max。そして価格を抑えたスタンダードモデルのiPhone 11だ。それぞれiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの後継と考えればよいのではないかと思う。

 まずiPhone 11 Proシリーズのデザインについて考えてみたい。このデザインは賛否両論が巻き起こりそうだ。そもそも3つのカメラを搭載する時点で、デザインはかなり難しくなる。「この外観は好きじゃない」という人も少なからずいそうだが、個人的にはよくまとまっていると感じた。さらに写真で見る限り、本体とレンズ部分がシームレスなガラスで構成されている仕上げのようで、素晴らしいと思う。これまでのモデル同様に、実物の質感の高さに目を奪われるはずだ。

 iPhone 11 Proシリーズは4色展開で、新たに「ミッドナイトグリーン」が登場した。とても落ち着いた良い色で、大人受けすること間違いなしだ。ちなみにiPhone 11は5色展開で、パステルカラーがすてきだ。全体的に大人っぽい色合いにシフトしている。

日本時間の9月11日に発表されたiPhone 11 Pro
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone 11 Proのカメラ周辺
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

カメラは順当進化

 カメラは注目ポイントの1つ。iPhone 11 Proシリーズはワイド(標準)、超ワイド、2倍望遠の3つのカメラを搭載している。ライバルを見ても標準的な構成だ。3つのカメラは全て1200万画素で統一されている。ライバルは4000万画素を超えるモデルも少なくないので、スペック上はやや見劣りする。

 またナイトモードを搭載しており、暗いシーンでは自動で複数の写真を撮影して組み合わせることで、明るさや色合いを調整してノイズを消す。これもライバルは先行して搭載していた機能なので、今さらといえばそれまでだが、対応したのはうれしい限りだ。

ナイトモードでの撮影例
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 11は、ワイドと超ワイドの2つのカメラを搭載する。望遠よりも超ワイドを選択したあたり、スマホカメラのトレンドを押さえている。

 カメラ機能は順当進化といったところで、ライバルと比べて目立つポイントは少ない。例えば、iPhone 11 Proシリーズは最大10倍のデジタルズームが可能だが、ライバルは光学5倍ズームと組み合わせて、最大50倍のデジタルズームさえ採用されている。それでも、実際に撮影すると美しい写真が撮れるだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら