毎回、筐体(きょうたい)の素材感などに注目が集まる米アップル(Apple)の「iPhone」。2019年9月11日に発表された「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」を紹介する公式の動画でも素材感を強調している(同社の製品紹介サイト)。素材感を生かした筐体やその内側について、公開情報から推測してみよう。

立体的なガラス背面
「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」では凸形状を持つガラスが背面筐体に用いられている(写真:Appleプレスリリース)
[画像のクリックで拡大表示]

 本機で目立つのが3眼の背面カメラだ。公式動画では「立体的なガラス背面」とアピールしている。3眼カメラなどを収める部分は四角い形にガラスが盛り上がっており、そこに3つのカメラのレンズが収まる穴とLEDライト、さらにもう1つの小さな穴の合計5個の穴が開いており、それぞれに必要な部材がはめ込んであるのが分かる。ガラスが盛り上がっている部分は本体色と同じで、カメラを囲む円形部分だけが黒くなっている。

 2018年発売の「iPhone XS」「iPhone XS Max」では、2つのカメラとLEDを収める部分はまとめてガラスに細長い穴が開けられ、穴の部分だけが凸部となっていた。凸部になっていた部分全体が黒くなっていた。公式発表前には、昨年モデルに倣ってガラスに四角く穴を開けた画像が出回っていた。この点は予想が外れた部分と言えるだろう。

2018年発売の「iPhone XS」「iPhone XS Max」
iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MAXとは背面カメラ付近のデザインが大きく異なる(撮影:渡辺 慎一郎)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら