米アップル(Apple)は新しいiPhoneとして「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種を発表した。いずれもカメラとパフォーマンスを中心に、2018年発売の「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」から順当な進化を遂げているようだが、裏を返せばサプライズが少なかったようにも感じる。ハードよりサービスへの比重を高めたアップルの戦略が明確になったと見ることができそうだ。

順当な進化を遂げた3機種

 米国時間の2019年9月10日、アップルはスペシャルイベントを実施し、新しいiPhoneを発表した。今回発表されたiPhoneは2018年同様3機種で、それぞれ「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の正当な後継モデルとなっている。

 最初に発表されたのは、iPhone XRの後継モデルとなるiPhone 11だ。iPhone 11は6色のカラフルなボディーや、6.1インチの液晶ディスプレーの「Liquid Retinaディスプレイ」を採用することで、7万4800円からとiPhoneの中では低価格を実現するなど、iPhone XRの特徴はそのまま生かしながらもいくつかの機能強化が図られている。

iPhone XRの後継となる「iPhone 11」。カラフルで大画面・低価格といった特徴はそのままに、デュアルカメラを採用するなどの進化を遂げている
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 その1つはデュアルカメラ化だ。iPhone XSはシングルカメラ構造であったことから、デュアルカメラ採用機種が大幅に増えている現在では劣った印象を与えていた。そこでiPhone 11では、1200万画素の広角カメラと、超広角カメラの2つを搭載するデュアルカメラ構造を採用。より幅広い撮影シーンに対応できるようになった。

 もう1つの進化は、これは後述する2機種にも共通するのだが、新しいチップセット「A13 Bionic」の採用だ。前世代のA12 Bionicと比べCPU、GPU性能が共に20%高速化されているほか、機械学習に関する機能も強化されている。一方で、バッテリー駆動時間がiPhone XRより1時間伸びるなど、省電力化も図られている。

 残りの2機種、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MaxはそれぞれiPhone XSとiPhone XS Maxの後継機となるハイエンドモデルとなる。ProとPro Maxの違いはディスプレーサイズという点も共通しており、iPhone 11 Proは5.8インチ、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチの有機ELディスプレー「Super Retina XDRディスプレイ」を採用している。

「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」は「iPhone XS」「iPhone XS Max」の後継に当たり、iPhoneでは初めてトリプルカメラ構造を採用している
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 共にiPhone 11と同様、A13 Bionicを採用するなどパフォーマンスの強化が図られているのはもちろんだが、最大のポイントはiPhone初となるトリプルカメラ構造の採用だろう。iPhone 11 Pro/Pro Maxは、広角、超広角、そして望遠と、3つの1200万画素カメラを搭載。それらをシームレスに切り替えて幅広い撮影シーンに対応できることを強みとしている。

 また発表内容からは、特に動画関連の機能に力が入れられていたと感じた。シャッターボタンを長押しすると動画を撮影できる「QuickTake」を新たに搭載したことや、撮影した4K動画を本体だけで簡単に編集でき、映画のような品質の映像を作成できることなど、動画に関連する機能を積極的にアピールしていたようだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら