写真:ゲッティ イメージズ
[画像のクリックで拡大表示]

製造業でも人工知能(AI)への期待が高まっている。
先進企業は既に機械学習・深層学習が得意とする画像認識を用いた品質検査や、設備の予知保全などに取り組み始めた。
次に期待されるのが、ロボットや生産設備といった機械制御への適用だ。
状況を判断して作業内容を変えるロボット、生産設備の制御パラメーターのダイナミックな最適化など、AIで機械が賢くなれば生産性や品質の大幅な向上が期待できる。


出典:日経ものづくり、2019年9月号 p.49 特集1「AIで機械を賢く」
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。