好業績を背景に、ゼネコンが研究開発投資を積み増している。ロボティクスやAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)のような先端技術を取り入れて工事の生産性を飛躍的に高めたり、将来の「飯のタネ」となり得る新規事業を立ち上げたりするために、大手はベンチャー企業などとのオープンイノベーションに取り組み始めた。主要企業のキーマンに、戦略を聞く。