岐阜県富加(とみか)町の富田(とみだ)製材は、2000万円台を中心に戸建て注文住宅を年間10棟前後、受注している地域工務店だ。同社の住宅建築現場は、建て主や第三者の見学客をいつでも迎え入れられるように開放している。建て主には専用のスリッパや掲示物などを常に用意。現場をショールームのようにオープン化することで、立ち寄る人に現場担当者と交流する機会を創出。安心感や信頼感を持ってもらうことで、建て主以外の見学客も“見込み客化”することを狙った取り組みだ〔写真12〕。

〔写真1〕養生シートで泥はねを防止
岐阜県富加(とみか)町の地域工務店、富田(とみだ)製材は、住宅建築の現場全てを建て主や近隣住民などに常に公開している。現場内の敷地は養生シートなどを敷き巡らし、工事車両などによる泥はねを防止。建物や前面道路を汚さないための配慮であり、現場の清潔感を演出することにも効果を見込んでいる(写真:富田製材)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕建て主専用の名入りスリッパ
着工前に建て主には名入りの現場用スリッパをプレゼントする。「いつでも見学にどうぞ」というメッセージが込められている。名前の刺しゅうは酒向社長の夫人が自ら施す(写真:富田製材)
[画像のクリックで拡大表示]

 現場の内外に貼られた各種掲示物は様々だ。近隣へのあいさつ、現場を担当する作業者の自己紹介ボード、専門工事の協力会社向けの呼びかけといった掲示物が各所に貼られている。建物の出入り口付近には、建て主と現場担当者がそれぞれメモを通じて情報や要望を伝えるためのメッセージボックスも設置。これらはいずれも、現場の関係者間や、自社担当者と建て主とのコミュニケーション・ツールだ。子ども連れの来場客も訪れるので、例えば階段に「おとなといっしょにあがろうね」といった注意書きを貼るなどの配慮もしている。近隣の住民などが立ち寄った際には、現場が常に安心できる環境であることを伝える役目も担っている〔写真3~7〕。

〔写真3〕職人など現場作業者の「顔」を見せる
現場の出入り口に設置した現場担当者の自己紹介ボード。社外の専業大工職や専門工事の作業者も含めて、施工に関わる全員の顔写真と名前、メッセージを掲載。建て主と顔を合わせる機会の少ない工種の作業者も工事に参加していることを伝える(写真:富田製材)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真4〕建て主と現場作業者が“文通”で交流
建て主と現場職人とが、メモ書きで互いにやりとりできるメッセージボックスを設置(写真:富田製材)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真5〕子ども連れの来場客にも配慮
建て主や見学客が子ども連れで来場することも多い。例えば階段には、「おとなといっしょにあがろうね」といった注意書きを貼るなど、安全面の配慮も目に見える形で実施している(写真:富田製材)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら