建設会社や重機メーカーをはじめ、重機の自動運転や自律運転の技術開発を進める企業は着実に増えている。自動運転などの技術開発で重要な役割を果たす人工知能(AI)や制御技術の活用を図るために、IT企業、大学、研究機関などと手を結ぶケースも珍しくなくなってきた。

 ただ、下に示す業界地図を見れば分かる通り、各社が狙いを定める作業領域には違いがある。例えば、鹿島は得意のダム工事での実用化を進めている。振動ローラーやブルドーザーなど複数種の重機の自律運転を駆使して、大規模な施工の合理化を目指す。

重機の自動運転や自律運転に取り組んでいる企業の一部を取材などに基づいて日経 xTECHが整理した。開発に関与していても記載していない組織もある
[画像のクリックで拡大表示]

 大成建設と共同で技術開発を進めるキャタピラーは、市場性の高い油圧ショベルによる施工の自動化をもくろんでいる。大林組もトンネル工事や造成工事など活躍の場が広い重機だという点に着目。油圧ショベルの自律運転技術の開発に力を注ぐ。

 油圧ショベルの作業は土砂を運搬する車両の到着を待つ時間などが生じやすく、オペレーターの稼働率が低くなりがちだ。この点を考慮すると自動で動かすメリットは大きい。

 ただし、掘削だけでなく走行など複雑な動きが可能な油圧ショベルは、作業内容が比較的単純な敷きならしや運搬を担う重機に比べて、開発の難度は高い。

 日経 xTECHでは、自動運転や自律運転の開発に携わる責任者などに、用途と企業規模に応じて、複数の会社が実際の建設現場で自らが“考えて動く”重機の自律運転を始めそうな時期を尋ねてみた。結果を統計処理してまとめたものが次の図だ。

重機の自動運転や自律運転を開発・研究する責任者らに、企業規模と重機種別に応じて、複数の会社の建設現場で自律運転が実用化され始める時期を予想してもらった。結果は統計処理した。回答者数は9人(所属組織は全て別)で、☆印が回答を単純平均した位置。下地の色は回答の分布を示す。回答者によって、一部未回答だった部分もある(資料:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら