無人の重機がボタン1つで土をならし、溝を掘り、土砂を運ぶ――。そんな工場化された建設現場が出現しようとしている。建設会社や建設機械メーカーなどが協力したり、しのぎを削ったりして開発を進める重機の自動・自律運転。24時間施工も難なくこなし、建設現場の生産性を劇的に改善する可能性を秘めた最新技術の開発事例や現場適用事例を追うとともに、技術開発に注力する組織を整理した業界地図を作成。重機種別ごとに将来の適用時期を予測する。

(写真:大村 拓也)