若者を中心に、日本でも人気を集めるeスポーツ。2018年時点で48.3億円の市場規模は22年には99.4億円に達する見通しだ。この勢いに乗って、ゲーム関連企業はもちろん、食品や日用品、通信、金融に至るまで、あらゆる企業がeスポーツ事業に参入し始めた。新たなエンターテインメントとして、企業のマーケティングツールとしての存在感を高めているeスポーツの現状を追う。

出典:日経クロストレンド
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。