2018年に大いに盛り上がったeスポーツ。大会やeスポーツのチーム、選手のスポンサーに非ゲーム系の協賛企業・ブランドが多数参加するようになったことで、eスポーツを取り巻くエコシステムが回り始めた。収益を上げられる有料イベントも徐々に増えそうだ。

フィンランドのゲームメーカーSupercellの戦略ゲーム『クラッシュ・ロワイヤル』を使った「クラロワリーグ 世界一決定戦」が幕張メッセで開催。観戦チケットは即日完売となる人気ぶり

 少し前までeスポーツ大会は、ゲームタイトルのIPホルダーが主催、運営していたため、協賛企業が就くこと自体、まれだった。就いたとしてもゲーミングPCやその周辺機器など、ゲームに親和性の高いゲーム系企業によるもの。それが、この1、2年でがらりと変わった。

 代表例が、格闘ゲームの祭典「EVO Japan」だ。18年の「EVO Japan 2018」では、非ゲーム企業の協賛はカップヌードル(日清食品)とレッドブル・ジャパン。だが、19年2月に福岡で開催された「EVO Japan 2019」では、特別協賛にNTTドコモが、協賛にカップヌードルのほか、Indeed Japan、日産自動車、久光製薬、ベスト電器などが並んだ。このことからも、この1年でeスポーツがいかに企業の注目を集めるに至ったかが分かる。

2018~19年に開催された主なeスポーツ大会とそのスポンサー

キャラクターやサンプルでアピール

 従来、eスポーツに協賛してきたゲーム系企業は、大会に参加する選手やそれを視聴するゲームファンと親和性が高く、直接的に商品のアピールができた。一方、非ゲーム系企業・ブランドの場合、目的は企業イメージや商品イメージの向上、知名度のアップとなる。

 そのための方法の1つが、ロゴの掲出やオリジナルキャラクターの大会派遣だ。コナミデジタルエンタテインメントのPlayStation 4向け野球ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』を使ったeスポーツ大会「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018-19」のスポンサーを務めた三井住友銀行(SMBC)は、大会の様子を中継するライブ配信に動画広告を投入。実況解説席のフロントパネルや会場内の看板、大会公式ホームページ、ゲーム内の球場看板にロゴを掲出した。また、表彰式などに企業キャラクターの「ミドすけ」を派遣している。

eBASEBALLの最終戦「e日本シリーズ」終了後、全チームのマスコットによる記念撮影。中央にはSMBCのキャラクターのミドすけの姿がある
19年3月に開催された「全国高校生eスポーツ選手権」では、優勝チームにカップヌードル1年分が贈られた

 また、カップヌードルの日清食品や、エナジードリンク「レッドブル」のレッドブル・ジャパン、「モンスターエナジー」のモンスターエナジージャパンなど、食品・飲料系企業は、大会会場で商品サンプルを配布している。実際に商品を配るというのは、テレビや雑誌、ウェブなどの広告では難しい宣伝手法。商品のターゲットとなる若い世代に直接手にしてもらえるのは大きな利点だ。

 ミクシィのスマホ向けゲーム『モンスターストライク』(モンスト)のプロチーム向け大会「モンスターストライク プロフェッショナルズ2018」(モンストプロリーグ、18年10~12月に開催)にはカルビーの「じゃがりこ」が協賛。「18年12月にモンストとのコラボレーション商品を発売し、モンストユーザーに商品を知ってもらえる場として、大会を位置付けた。会場でのサンプリングや動画配信内での広告で露出した」という。

モンストプロツアーで配布された『モンスト』コラボじゃがりこ

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら