米グーグル(Google)や米アップル(Apple)などが推す映像符号化方式(動画コーデック)「AV1(AOMedia Video 1)」。現行規格「H.265/HEVC(High Efficiency Video Coding)」を押しのけて、主役に立ちそうだ。一方でH.265の後継規格「VVC(Versatile Video Coding)」の開発が進む。規格策定時期を前倒しして、台頭するAV1への対抗意識をにじませる。

 国際標準化団体「MPEG(Moving Picture Experts Group)」と「ITU-T(International Telecommunication Union Telecommunication Standardization Sector)」が共同で立ち上げた「JVET(Joint Video Exploration Team)」が、VVCの規格策定を進めている。2014年末ごろから議論を始めていた。

 JVETは当初、2020年10月に標準化作業を終了すること目指していた。それを最近になって前倒しして、同年7月に終える計画に変えた。VVCの規格策定に関わる技術者は、「AV1を意識した」と明かす。AV1の普及が本格化する前に、VVCの規格策定を急いで終えたい考えが透ける。

 直近の会議では参加人数が約300人、提出された議題は800件以上に上り、「H.265の標準化のときよりも盛り上がっている印象」(ある映像符号化技術者)との声が上がる。関係者の間で期待が集まるのが、大幅な性能向上を狙う技術面に加えて、H.265で生じた特許団体の乱立問題を解決する機運が高まっていることだ。

 H.265の特許権利者を中心に設立した「Media Coding Industry Forum(MC-IF)」には、VVCの標準化作業に関わる多くの企業が加わる。H.265の特許問題をこれから解決するのは難しそうだが、何も決まっていないVVCであれば、特許団体を一本化し、使いやすいライセンス料に設定できるかもしれない。「権利者と利用者の双方が現状を改善できる機会になることを望んで積極的に参加している」(H.265の権利者団体の1つであるHEVCアドバンス日本代表で弁理士の関浩徳氏)。

AV1を上回る動画圧縮率を実現するVVC

 技術面で、VVCの最大の特徴は、動画圧縮率を現行H.265と比べて約2倍と大幅に高めることである。実現すれば、AV1も大きく上回るだろう。8K映像で使いやすい符号化方式を目指した。性能向上は着実に進んでおり、目標の2倍にはもう少しかかるが、現時点でH.265に比べて約33%向上している(表1)。

表1 VVCとH.265の性能比較
個人撮影の4K映像とは、アクションカメラなどで撮影した手ぶれを多く含む映像のこと。(JVETの資料を基に編集部作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 8K映像で使いやすい符号化方式を目指すVVCは、放送業界が熱心に関わる。NHKや英BBC、韓国KBSなどが議論に加わる。「映像符号化技術を放送事業で安価に利用するために国際標準化活動に参画している」(NHK放送技術研究所テレビ方式研究部上級研究員の市ヶ谷敦郎氏)。「VVCが初めて実用化されるのは、地デジ4K放送ではないか」(ある映像符号化技術者)と見る向きもいる。

 最近ではAV1への対抗意識をにじませるVVCだが、将来はAV1がストリーミング配信、VVCが放送分野とすみ分けるかもしれない。VVCはこのほかVR(Virtual Reality)や360度映像への対応も重視する(図1)。

図1 将来の多彩な視聴スタイルを想定する「ダイバースビジョン」
NHK技術研究所は、2030年~2040年ごろの映像視聴スタイルとして、3D映像や仮想空間を楽しむVR用のヘッドマウントディスプレー(写真右)や、360度映像を楽しむドーム型ディスプレー(写真左)などを用いて、多彩な映像コンテンツを楽しめるようになると予想する。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、動画圧縮率向上のために新たな機能を追加すればするほど、エンコード処理時間は長くなってしまう。JVETの公式資料では、評価実験においてエンコード処理量はH.265の約10.4倍、デコード処理量は約1.9倍だった。

 加えて、8K映像に対する評価実験はまだ進んでいないのが現状だ。8K映像のエンコードには潤沢な計算機リソースが必要で、1回の会議期間内に、すべての会議参加者が試験することが困難だからだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら