みずほフィナンシャルグループ(FG)の経費率は2019年3月期で79%と、三井住友フィナンシャルグループの60%、三菱UFJフィナンシャル・グループの71%と比べて高い。今後は新システム「MINORI」を活用することでIT・事務コストの削減を目指す。2023年度までの5カ年計画で経費率を現在よりも19ポイント低い60%まで下げるとする。

 本来であればMINORIが稼働すると、開発に投じた4000億円台半ばを5~10年で減価償却する必要があった。業務粗利益が変わらなければ、経費率は2~4ポイント増えていたことになる。同社は2019年3月期にMINORIの開発費を含む固定資産5007億円を減損損失として計上することで、今後の減価償却に伴う経費率の上昇を回避した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら