世界最大級のシステム構築プロジェクトだけに、システム開発の実務を取り仕切ったみずほ情報総研(IR)は開発拠点の確保に苦労した。拠点を集約すれば効率は高まるが、オフィスの広さや賃料などがネックになり、複数に分散せざるを得なかった。

 新システム「MINORI」の開発拠点は大きく5カ所に分けた。中核拠点がみずほ銀行の中目黒センター(東京・目黒)と、みずほIRの北新宿事業所(東京・新宿)だ。

東京都目黒区にあるMINORIの開発拠点
[画像のクリックで拡大表示]

 中目黒センターはもともと、旧富士銀行系のデータセンターだったが、センター集約の流れを受けて、開発拠点に衣替えしていた。みずほIRの中目黒事業所と隣接しており、どちらもMINORIの開発拠点として利用した。

 中目黒センターと山手通りを挟んで向かい合うのが、みずほ銀行の中目黒支店だ。ここは2018年6月に始まった口座データの移行で重要な役割を果たした店舗だ。移行は9回に分けたが、旧みずほ銀行(BK)の口座データを初めて移す節目の第3回の対象店舗だったのだ。

 みずほIRの向井康真社長はその理由について「中目黒の開発拠点からすぐにフォローできる場所にあったから」と話す。開発拠点の立地が移行スケジュールにも影響を与えていたわけだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら