夏から秋への季節の変わり目は雷雲が発生しやすく、落雷による突然の停電などが家電製品に影響を与える場合がある。重要な家電製品については、突然の停電によって故障しないような対策を講じておきたい。今回はPCを落雷や停電による影響から保護する対策を考えてみよう。

ノートPCはACアダプターの電源ケーブルを抜く

 ノートPCはバッテリーを搭載しているため、万が一停電が発生してもしばらくは動作する。では落雷による影響はどうか。

 電線や集合住宅の避雷針が落雷を受けると、瞬間的に異常な大電流が流れる場合がある。これを「雷サージ」といい、電子機器が故障する原因になる。

 マウスコンピューター取締役 開発本部長 品質管理本部長の軣秀樹氏は、「落雷によるエネルギーを、ACアダプターのみで対策するのは難しい。雷サージ対策を講じた電源タップを使用することで影響を最小限に抑えられるが、完全ではない」と説明する。「雷が発生した際は、ACアダプターの電源ケーブルを抜くことが破損を防ぐために最も有効だ。有線LANケーブルがある場合は、それも抜いたほうがよい」(軣氏)という。

落雷時は、ノートPCの電源コードを抜いておくのが破損を防ぐための最も有効な対策だという
(撮影:鈴木雅暢、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]