2018年4月に施行された診療報酬改定で、オンライン診療に対する診療報酬が新設された。まだ広く普及するには至っていないが、将来性を見込んだ企業が新規参入を相次いで表明したり、以前からオンライン診療システムを手掛けてきた企業が周辺のサービスを拡充したりする動きを見せている。

(出所:PIXTA)