このコラムでは、「華があり、その取り組みや生き方に美しさを感じさせる技術者」を紹介する。技術は人から生まれる。世界を変えるような技術の開発者たちは、何を考え、何を成してきたのか。その半生に迫ることで、開発の要諦や日本産業が目指すべき方向性を導き出す。

 前身のコラムはこちら

加藤 幹之 加藤 幹之(かとう・まさのぶ)
ジノバ(Xinova) 上級副社長 兼 日本総代表
1977年、富士通入社。ワシントンD.C.駐在などを経て、2004年より経営執行役、法務・知的財産権本部長。富士通研究所常務、富士通総研専務を経由後、2010年8月から米国系技術投資ファンドに移籍。2016年9月に投資ファンドから分離独立したXinova社に勤務。日本経団連の知的財産部会長、文化審議会・著作権部会委員等を歴任。東京大学、ミシガン大学ロースクール卒。米国(ワシントンD.C.、ニューヨーク)弁護士。