自動車の外界センシングに有効なLiDAR(Light Detection and Ranging)の価格が、2016~2017年にLiDARメーカーが期待していたペースでは低下していない(図1)。コストを上昇させる主要な要因のスキャン機構をメカレスにするだけでは不十分で、量産が必要になる(関連記事1「メカレスLiDARが第2世代へ、完全自動運転車の礎に」)。車載での量産実績があるレーダーやカメラとは異なり、初めての車載品となるLiDARでは、出荷増と価格低減は「鶏と卵」の関係になる。

図1 価格低減は現実的なペースに
LiDARメーカーの米クアナジー・システムズ(Quanergy Systems)のLiDAR価格のロードマップ。LiDARに対する要求仕様を満たしつつ、価格を急激に低減することは多くのLiDARメーカーにとって難しいようであり、同社の場合に100米ドルを切るのは2025年である。(写真:同社)
[画像のクリックで拡大表示]

 2016~2017年ころには、メカレス型で2020年ごろまでに100米ドルを切る見通しがあった(関連記事2「LiDAR、価格破壊」)。しかし、実際に自動車メーカーが満足するLiDARを開発中のメーカーの直近の見通しは、2025年においても100~数百米ドルである。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら