Windows 10の操作はスムーズ、バッテリー容量も十分だ

 液晶ディスプレーは、回転してタブレットモードで使うことが可能だ。タブレットモードでは、キーボードは自動的に無効になる。回転させると天板と底面がぴったりくっつく。ヒンジもぐらつかず安定している。このとき画面の向きは自動で切り替わる。

 ヒンジはかなりがっちりしており、天板と底面をテントのように開いた状態でもしっかり固定できた。この状態だと映画などを省スペースで鑑賞できる。液晶ディスプレーはIPS方式なので、視野角や応答速度に不満は感じなかった。

液晶を回転してタブレットモードに変形できる
[画像のクリックで拡大表示]
スタンドのように開いて使うときも安定している
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUはインテルの第8世代Coreシリーズに属する「Core m3-8100Y」。ローエンドモデルでもストレージとしてPCI Express接続の256GB SSDを搭載している。Windows 10やアプリケーションの動作はキビキビとしており、GPD Pocketのときに感じた性能面での不満は全くない。

ベンチマークソフト「PCMark 10 Extended」の「Score」は、15型液晶ディスプレーを搭載した低価格ノートPCと同程度だった
[画像のクリックで拡大表示]
ストレージのベンチマークソフト「CrystalDiskMark 6.0.2」の結果。連続読み出しは1GB/秒を大きく超え、ランダム読み書き性能も高い
[画像のクリックで拡大表示]

 カタログにバッテリー駆動時間の表記はないが、容量は8600mAhだと書いてある。取材の仕事があったので、満充電状態から約2時間のスリープ、この原稿を書いていた時間も含む4時間程度の軽作業(原稿執筆とWebブラウズが主体)、帰宅まで約2時間のスリープという作業を行ってみた。

 Windows 10のアクションセンターでは「バッテリ節約機能」を有効にし、輝度は20に設定した。おおむね半日の出張作業を想定したテスト内容だが、帰宅時のバッテリーの残り容量は56%だった。この使い方だとバッテリーには十分な余裕があり、1日仕事でも不安は感じない。

作業時はマイクロソフトのBluetooth接続マウス「Wedge Touch Mouse」も利用した
[画像のクリックで拡大表示]

空きのM.2スロットにストレージを増設可能

 OneMix3は小型なのでインターフェースは少ない。左側面にあるのはMicro HDMI、マイクとヘッドホンの複合端子。右側面には、充電用を兼ねたUSB Type-C(USB 3.0対応)と一般的なUSB 3.0ポート、microSDメモリーカードスロットがある。

左側面にはMicro HDMI、マイクとヘッドホンの複合端子がある
[画像のクリックで拡大表示]
右側面にはmicroSDメモリーカードスロットがある。カードがはみ出さないタイプだ
[画像のクリックで拡大表示]