Osmo Pocket:映画のようなビデオを撮影して楽しむ

中国DJI、実勢価格3万9870円(税別)

 今どきのスマホなら動画も十分に撮れるので、満足している人も多いだろう。そんな僕も、普通のビデオカメラを買う気にはなれなくなってしまった。だがそれでも、一芸に秀でたビデオカメラなら楽しく撮影できる。

 最近のお薦めはOsmo Pocket。コンパクトなボディーながらジンバル機能を組み込んだ人気製品だ。ジンバルが付いていると、機械的に手ぶれを防げる。例えば車の助手席で撮影して、路面が荒れていても全くそれを感じさせない動画が撮れていて驚く。歩きながら撮影しても、揺れがほとんど感じられず素晴らしいと感じている。

Osmo Pocketはコンパクトなジンバル内蔵カメラ
[画像のクリックで拡大表示]
ケースに入っている姿もかわいらしく、持ち歩きやすい
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneやAndroidスマホと組み合わせて撮影することもできる
[画像のクリックで拡大表示]

 カメラ部分が自由に動くのを利用して、9面のパノラマ撮影も自動で処理してくれる。9枚の写真を撮って組み合わせるのだ。また、動物や子供などを指定して動き回る様子を自動で追尾する「アクティブトラッキング」も可能。さらに、短時間のタイムラプスが手持ちでも撮れてしまう。

 夏休みに、スマホのカメラではなかなか撮れない動画を撮影して楽しんでみたくなったら、ぜひ入手して使ってみてほしい。ちょっと困るのは、周辺機器を買い足したくなること。どんどん使うようになると、三脚への固定ツールやワイヤレスアダプターなどが欲しくなるはずだ。

Osmo Pocketで撮影した動画の例(1)

Osmo Pocketで撮影した動画の例(2)