2019年7月11日、小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン(着陸)を成功させた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」。表向きは順調に見られている同プロジェクトだが、実はここに至るまでの道のりは平たんではなかった。ここでは2回目のタッチダウンを成功させるまでの主な試練を中心に、その軌跡をたどる。

はやぶさ2のタッチダウンのイメージ
(出所:池下章裕)
[画像のクリックで拡大表示]