小惑星「リュウグウ」へのタッチダウンに向けて入念なリハーサルを繰り返し、その結果を踏まえて必要な改良を加えることで着陸精度の向上に努めた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトチーム――。1回目のタッチダウンの目標地点も定まり、ついに決行の2019年2月21日(日本時間)を迎える(図1)。しかし、はやぶさ2チームを待ち構えていたのは、無情にも新たなる試練だった。(本連載の第1回第2回

図1 はやぶさ2の1回目のタッチダウン運用開始に先立って実施されたシフト交代ブリーフィングの様子
図1 はやぶさ2の1回目のタッチダウン運用開始に先立って実施されたシフト交代ブリーフィングの様子
2019年2月21日の午前6時30分ごろのJAXA宇宙科学研究所(ISAS)に設けられた管制室内での模様。探査機を降下開始させる運用担当者が集合し、シフト交代のブリーフィングを行っている。(出所:ISAS/JAXA)
[画像のクリックで拡大表示]

 はやぶさ2チームは、今回の1回目のタッチダウンに当たり、探査機本体を高度20kmのホームポジションからまず高度5kmまで0.4m/sで降下させ、次いで0.1m/sに減速して高度45mを目指す計画だった(図2)。想定外のトラブルが発生したのは、高度5kmを目指して降下を開始する約1時間半前の午前7時15分ごろ(日本時間、地上時刻)のことだった。

図2 1回目のタッチダウンに向けて当初予定していたシーケンス
図2 1回目のタッチダウンに向けて当初予定していたシーケンス
通信による遅延で、地上時刻は機上時刻から19分遅れが出る。(出所:JAXA)
[画像のクリックで拡大表示]

 「はやぶさ2」プロジェクトチームミッションマネージャの吉川真氏によると、「探査機の降下準備プログラムを動作させたところ、探査機が認識している位置情報が想定と異なっていた」(図3)。幸い、はやぶさ2チームの懸命の原因究明により、理由はすぐに判明する。「探査機が認識している位置情報が、降下誘導プログラムの動作のタイミングの影響で異なったデータになってしまっていた」(同氏)のだ。調査の結果、非常に特殊な事象で発生する、これまでは発生していなかった不具合であることが分かる。

図3 はやぶさ2プロジェクトチームミッションマネージャの吉川真氏
図3 はやぶさ2プロジェクトチームミッションマネージャの吉川真氏
2019年4月18日に撮影した写真。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 はやぶさ2チームは、その不具合を解消するためにプログラムの修正を試みる。だが、不運なことにその修正はなかなか終わらなかった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら