(画像:123RF)

 働き方改革関連法が2019年4月に施行され、企業はいよいよ多様な働き方を実践する段階に突入した。人手不足の解消や残業時間の削減に効果があると期待される働き方の一つがテレワークだ。ビデオ会議システムなどを活用して、自宅やサテライトオフィスなどを「職場」にする。企業が取り組むテレワークの最前線を紹介する。