スタート以来、日経 xTECHの名物コラムとなった「テクノ大喜利、ITの陣」。今回はその第6回だ。毎回、複数の識者に共通のお題(質問)を投げかけ、識者にはそれに答える形で論陣を張ってもらう。お題は日本企業のIT利活用の問題点やIT業界の構造問題、そして世間の耳目を集めたIT絡みの事件などだ。

 第6回のお題は「『働かせ方改革』と皮肉られる日本の働き方改革の行方」。答える識者の2番手はケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズのバイスプレジデントの白川克氏だ。変革プロジェクトのコンサルタントである白川氏は、自身の経験から「働き方改革」などのバズワードを旗印にしたプロジェクトはうまく行かないと斬って捨てる。(編集部)

白川 克(しらかわ まさる)
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ バイスプレジデント
白川 克(しらかわ まさる) 中堅ITベンダーでシステム開発を経験後、2000年ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに入社。以来、IT投資計画策定、人事、会計、販売管理、顧客管理、ワークスタイル改革、全社戦略立案などのプロジェクトに参加。プロジェクトをやりながらリーダーを育成することと、ファシリテーションが武器。著書には『業務改革の教科書』(日本経済新聞出版社)、『リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書』(日経BP)などがある。
【質問1】企業や役所の働き方改革ブームをどう見るか
【回答】働き方改革を変革プロジェクトの旗印にしてはいけない
【質問2】RPAやテレビ会議などデジタル活用の問題点は?
【回答】どうしても必要ならばRPAを使えばよいが、その確率は低い
【質問3】真の生産性向上や創造的な仕事を実現する策はあるか
【回答】「働きがいを高める」を突き詰め、ガチで業務改革に取り組むべし

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら