日経 xTECHの名物コラム「テクノ大喜利」にIT版として登場した「テクノ大喜利、ITの陣」。今回はその第2回だ。毎回、複数の識者に共通のお題(質問)を投げかけ、識者にはそれに答える形で論陣を張ってもらう。お題は日本企業のIT利活用の問題点やIT業界の構造問題、そして世間の耳目を集めたIT絡みの事件などだ。

 第2回のお題は「日本ではなぜIT技術者の地位がこんなにも低いのか」。回答する識者三番手は大喜利初登場の寺嶋一郎氏だ。積水化学工業で製造現場の制御システムや生産管理システム、AI(人工知能)などの開発を手掛けた後にCIO(最高情報責任者)を務めた寺嶋氏は、製造業を模倣した「ソフトウエア工場」の理念に大きな問題があったとする(編集部)

寺嶋 一郎(てらじま いちろう)
TERRANET代表
寺嶋 一郎(てらじま いちろう) 1979年に積水化学工業入社。製造現場の制御システム、生産管理システム構築などに従事。1985年マサチューセッツ工科大学留学を経て、人工知能ビジネスを目指した社内ベンチャー、アイザック設立に参画。2000年に積水化学 情報システム部長に就任、IT部門の構造改革やIT基盤の標準化などに取り組む。2016年に定年退職し、IIBA日本支部代表理事、BSIA事務局長、PCNW幹事長などを通じて日本企業のIT部門を支援する活動に着手。
【質問1】二流、三流部署のIT部門、なぜ技術者は冷遇されてきたのか
【回答】文系出身の経営者の無理解とIT部門自身の官僚主義のせい
【質問2】IT業界の多重下請け構造はなぜこんなに発達したのか
【回答】標準化に重きを置く「ソフトウエア工場」が不幸の種をまいた
【質問3】デジタル時代に技術者の地位は上がるか、または上げるにはどうする?
【回答】ソフトウエアの時代がついに到来、学び続ければ地位はどんどん上がる

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら