日経 xTECHの名物コラム「テクノ大喜利」にIT版が登場した。「テクノ大喜利、ITの陣」と題して毎回、複数の識者に共通のお題(質問)を投げかけ、識者にはそれに答える形で論陣を張ってもらう。お題は日本企業のIT利活用の問題点やIT業界の構造問題、そして世間の耳目を集めたIT絡みの事件などだ。

 「日本企業の経営者はなぜこんなにITオンチなのか」。第1回のお題に答える4人目の識者は山内麻理氏だ。米国やフランス、ドイツの大学、研究機関で客員研究員を務めた山内氏は、特に欧州の教育・雇用制度に詳しい。最近ではなぜSAPがドイツで成功したかを解き明かした論文も発表している。そんな山内氏は日本の経営者のITオンチぶりをどう見るか。(編集部)

山内 麻理(やまうち まり)
国際教養大学 客員教授
山内 麻理(やまうち まり) 金融機関勤務の傍ら、雇用や経営の研究活動を行う。『雇用システムの多様化と国際的収斂:グローバル化への変容プロセス』(2013)で労働関係図書優秀賞、日本労務学会賞を受賞。最近は欧州の教育システムと雇用システムの連動について研究。カリフォルニア大学バークレー校、フランス国立労働経済社会研究所、ドイツ日本研究所で客員研究員。上智大学、青山ビジネススクール、同志社大学、国際教養大学で教べんを執る。博士(商学)。
【質問1】日本企業の経営者はなぜITオンチなのか
【回答】終身雇用のため経営者がITを学習する機会がなかった
【質問2】経営者がITオンチであることによって、どんな問題が生じているか
【回答】大事なIT投資を先送り、SAPのようなITベンダーも育たない
【質問3】経営者をITに目覚めさせる方策はあるのか
【回答】さすがにもう「ITがよく分かりません」では社長になれない

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら