日経 xTECHの名物コラム「テクノ大喜利」にIT版が登場した。「テクノ大喜利、ITの陣」と題して毎回、複数の識者に共通のお題(質問)を投げかけ、識者にはそれに答える形で論陣を張ってもらう。お題は日本企業のIT利活用の問題点やIT業界の構造問題、そして世間の耳目を集めたIT絡みの事件などだ。

 「日本企業の経営者はなぜこんなにITオンチなのか」。第1回目のお題に答える3人目の識者は木内里美氏だ。大成建設で土木設計の技術者として海洋設計に従事した後、IT担当に転じて長くCIO(最高情報責任者)を務めた木内氏は、IT視点だけでなく経営視点、現場視点の複眼で日本企業のIT利活用の問題点を斬る。今回も経営者だけでなくCIOやIT部門も叱咤する。(編集部)

木内 里美(きうち さとみ)
SANTA 会長
木内 里美(きうち さとみ) 1969年に大成建設入社。土木設計部で海洋設計に従事した後、土木設計部システム技術室で部門LANの構築に携わり、1995年に土木情報技術部部長。2001年に情報企画部長、2001年に社長室情報企画部長、2005年に理事 情報企画部長 兼 大成情報システム代表取締役社長。2008年に大成ロテック常勤監査役。2012年にオランを設立し代表取締役に就任。2017年にSANTAを設立し会長に就任。2019年から高知県北川村政策参与。
【質問1】日本企業の経営者はなぜITオンチなのか
【回答】学ぼうとしない経営者がITオンチなのは当然の帰結
【質問2】経営者がITオンチであることによって、どんな問題が生じているか
【回答】単なる効率化をDXと勘違いし、企業は5年で衰退へ
【質問3】経営者をITに目覚めさせる方策はあるのか
【回答】経営視点で気付きを与える、その役割をCIOが担え

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら