(撮影:加藤 康)

 みずほフィナンシャルグループ(FG)がついに、勘定系システムの全面刷新を完了させた。前身である第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が合併を発表したのは、今からちょうど20年前の1999年8月20日のこと。実は新システム「MINORI」の開発は、1999年の時点で既に計画されていた。つまり同社は20年来の宿願をようやくかなえたことになる。

 この20年の間、みずほFGは常にシステム統合とシステム刷新に頭を悩まし、2002年と2011年の2度の大きなシステム障害を引き起こした。その歩みを常に追ってきたのが「日経コンピュータ」だ。みずほ銀行システム統合・刷新20年の格闘を同誌の記事を元に解き明かそう。