国が提唱する「インフラツーリズム」が全国に広がり始め、工事中や供用中のダム、トンネル、橋、砂防施設などを訪れる人が急増している。見た目の迫力や造形美、話題性、事業化の背景にある物語など、観光資源としてのインフラの価値は意外と高い。観光地になるインフラの現状を伝えるとともに、この夏にお勧めのツアーなどを紹介する。

(写真:朝日旅行、デザイン:TSTJ)