8月6日から紹介している「土木のチカラ」ツーリズムもいよいよ最終回を迎える。最後は計25件の土木のチカラが集積する九州・沖縄編だ。長崎や熊本などは複数のインフラが近場で見られる。夏休みも終わりを迎えているので、9月や10月の連休に、車で九州を一周するのも手だ。

九州地方の「土木のチカラ」。図中の番号は、下の囲みの番号と一致している。図中のオレンジの囲みの拡大図は下を参照(資料:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]
長崎市内で取り上げた「土木のチカラ」。図中の番号は、下の囲みの番号と一致している(資料:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

九州・沖縄 地域

  1. 廃棄物処分場がビオトープに」(2013年1月14日号)
     名称:北九州市響灘ビオトープ
     住所:北九州市
  2. 河川空間に回遊性を持たせ憩いの場に」(2010年1月8日号)
     名称:芳雄橋と中之島
     住所:福岡県飯塚市
  3. 狭小の公共空間を地域活性の目玉に」(2016年11月28日号)
     名称:水上公園
     住所:福岡市
  4. 保存・修復でよみがえった75年前の姿」(2011年5月9日号)
     名称:筑後川昇開橋
     住所:福岡県大川市、佐賀市
  5. 駅を挟んで東西で役割分担」(2016年5月23日号)
     名称:西鉄柳川駅周辺地区整備
     住所:福岡県柳川市
  6. 自然に配慮し装飾をそぎ落とす」(2012年8月13日号)
     名称:嘉瀬川ダム
     住所:佐賀市
  7. 洪水対策工事で造り上げたふるさとの川」(2010年8月27日号)
     名称:本明川
     住所:長崎県諫早市
  8. 海から陸から、眺めを変えない」(2015年7月27日号)
     名称:奈留島江上護岸
     住所:長崎県五島市
  9. 管理区分を超えてにぎわいの場づくり」(2011年1月24日号)
     名称:都市計画道路浦上川線、長崎港元船ふ頭
     住所:長崎市
  10. 5つの世界遺産を見渡せる新名所」(2017年6月26日号)
     名称:鍋冠山公園展望台
     住所:長崎市
  11. デザインでよみがえる江戸の情緒」(2018年2月26日号)
     名称:出島表門橋公園、出島表門橋
     住所:長崎市
  12. 高潮対策と親水性を両立させた人工海浜」(2010年9月10日号)
     名称:別府港海岸餅ケ浜地区
     住所:大分県別府市
  13. 目抜き通りの刷新で駅周辺を活性化」(2013年10月14日号)
     名称:シンボルロード
     住所:大分市
  14. メダカが取り持つ世代間交流の場に」(2011年12月26日号)
     名称:湧水めだか公園
     住所:大分県津久見市
  15. スギ材の新旧共演で大水車復活」(2019年6月10日号)
     名称:大水車
     住所:大分県佐伯市
  16. 命題は機能向上と景観保全の調和」(2015年6月22日号)
     名称:白川「緑の区間」
     住所:熊本市
  17. 橋脚を兼ねる階段で足元すっきり」(2012年4月23日号)
     名称:熊本駅帯山線立体横断施設
     住所:熊本市
  18. 旧施設も調和する駅前・臨港広場」(2016年9月26日号)
     名称:三角東港広場
     住所:熊本県宇城市
  19. 繊細なトラスに合うシンプルなアーチ」(2018年10月22日号)
     名称:天城橋
     住所:熊本県上天草市~宇城市
  20. ダム撤去で60年前の清流を取り戻す」(2018年6月25日号)
     名称:荒瀬ダム撤去
     住所:熊本県八代市
  21. 『広がりたがる』川の意をくんで復旧」(2008年9月12日号)
     名称:山附川
     住所:宮崎県高千穂町
  22. 歴史的景観を保って護岸を改修」(2016年7月25日号)
     名称:耳川河口部立縫地区河川護岸
     住所:宮崎県日向市
  23. 街路再生に向け官民協働で社会実験」(2008年12月12日号)
     名称:T-テラス
     住所:宮崎市
  24. 地域への思いを込めた美しい分水路」(2012年1月9日号)
     名称:川内川激特事業の宮之城地区、曽木の滝地区
     住所:鹿児島県さつま町、伊佐市
  25. 海の玄関口の堂々たるシンボル」(2012年6月11日号)
     名称:那覇港臨港道路空港線の換気塔
     住所:那覇市
年月日号は、日経コンストラクションに掲載した号数。番号は上の九州・沖縄の地図内の番号と一致している。各タイトルをクリックするとより詳細な記事を見ることができる(有料記事やPDFダウンロードのページへ)(資料:日経コンストラクション)

 ライターの大井智子氏が選んだ3つのお薦めインフラツーリズムは、長崎を中心に“さるく”「長崎市内ぶらり旅」、熊本を中心に回る「熊本周遊コース」、そして宮崎県高千穂町の「山附川」だ。九州・沖縄編は他にもインフラツーリズムとして成立する案件が盛りだくさんで、3つに選ぶのが大変だったようだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら