景観や環境に配慮したインフラを取り上げる「土木のチカラ」。全国のお薦めスポットを紹介している第5回は中国・四国編だ。これまでに橋や水門、参道、駅、交差点など、様々なインフラを取り上げてきた。

中国・四国地方の「土木のチカラ」。図中の番号は、下の囲みの番号と一致している(資料:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

中国・四国 地域

  1. “水中の最新技術”が支える木製復元橋」(2019年3月25日号)
     名称:擬宝珠橋(ぎぼしばし)
     住所:鳥取市
  2. 景観を保持する目立たない水門」(2015年4月27日号)
     名称:宍道湖天神川水門
     住所:松江市
  3. 歩行者に優しい道づくりで参道を刷新」(2014年9月22日号)
     名称:出雲大社参道「神門通り」
     住所:島根県出雲市
  4. 幹線道沿いに出現した不思議な構造物」(2015年12月28日号)
     名称:アストラムライン新白島駅
     住所:広島市
  5. 使い勝手から生まれた独特の線形」(2014年4月28日号)
     名称:太田川大橋
     住所:広島市
  6. 橋をアートに変えた『藍』の光」(2017年4月24日号)
     名称:春日橋LED景観整備
     住所:徳島市
  7. 南北軸結ぶ景観整備でにぎわい再生」(2016年1月25日号)
     名称:一番町交差点
     住所:松山市
  8. 圧迫感与えない住宅密集地の高架」(2009年1月23日号)
     名称:JR土讃線高架橋
     住所:高知市
年月日号は、日経コンストラクションに掲載した号数。番号は上の中国・四国の地図内の番号と一致している。各タイトルをクリックするとより詳細な記事を見ることができる(有料記事やPDFダウンロードのページへ)(資料:日経コンストラクション)

 計8件の中から、ライターの大井智子氏が選んだ3つのお勧めインフラツーリズムは、鳥取市の擬宝珠橋、広島市の太田川大橋、高知市のJR土讃線高架橋だ。中国・四国地方は3つとも橋が選ばれた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら