景観や環境に配慮したインフラを取り上げる「土木のチカラ」。第4回からは西日本に対象を移す。まずは関西だ。京都や大阪、兵庫などを中心に、計19件。一度にまとめて見に行けるインフラが目白押しだ。

関西地方の「土木のチカラ」。図中の番号は、下の囲みの番号と一致している。図中のオレンジの囲みの拡大図は下を参照(資料:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]
大阪市内で取り上げた「土木のチカラ」。図中の番号は、下の囲みの番号と一致している(資料:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

関西 地域

  1. 桜の景勝を残して堤防強化」(2016年6月13日号)
     名称:宮川桜堤
     住所:三重県伊勢市
  2. 天井川の面影残す都市公園」(2017年10月23日号)
     名称:草津川跡地公園
     住所:滋賀県草津市
  3. 復活した『疏水船』が伝える明治期の偉業」(2018年11月26日号)
     名称:びわ湖疏水船
     住所:大津市~京都市
  4. 都心に静けさをもたらす水辺」(2009年6月12日号)
     名称:堀川
     住所:京都市
  5. 車線を減らし『歩いて回遊するまち』に」(2016年2月22日号)
     名称:四条通・四条烏丸─四条大橋交差点間
     住所:京都市
  6. “使いやすさ”追求した観光都市の玄関」(2017年5月22日号)
     名称:京都駅八条口駅前広場
     住所:京都市
  7. 渓谷に溶け込む“上弦の橋”」(2017年7月24日号)
     名称:白虹橋
     住所:京都府宇治市
  8. まちの一体感を生む600mのデッキ」(2012年7月9日号)
     名称:MUSEたかつきの公共施設
     住所:大阪府高槻市
  9. 大阪の都心部に府民がくつろぐ砂浜」(2011年10月10日号)
     名称:大阪ふれあいの水辺
     住所:大阪市
  10. 『ひな壇』で水辺とまちをつなぐ」(2016年8月22日号)
     名称:木津川遊歩空間
     住所:大阪市
  11. たたずみたくなる川の上の“はらっぱ”」(2009年2月27日号)
     名称:浮庭橋
     住所:大阪市
  12. 街の新たな顔になる“楽しい歩道橋”」(2013年6月10日号)
     名称:阿倍野歩道橋
     住所:大阪市
  13. 世界初の構造が生むしなやかな橋」(2018年7月23日号)
     名称:新名神高速・武庫川橋
     住所:神戸市
  14. 市民の復興への思いを公園に刻む」(2010年2月26日号)
     名称:神戸震災復興記念公園
     住所:神戸市
  15. 『人』を主役に世界文化遺産の玄関口へ」(2014年6月23日号)
     名称:姫路駅北駅前広場「キャッスルガーデン」
     住所:兵庫県姫路市
  16. 世界文化遺産を歩道の借景に」(2015年5月25日号)
     名称:姫路駅前トランジットモール
     住所:兵庫県姫路市
  17. 世界遺産まで飽きずに歩ける道」(2019年4月22日号)
     名称:大手前通り・南工区
     住所:兵庫県姫路市
  18. 災害復旧で川端の魅力を再生」(2015年2月23日号)
     名称:佐用川平福地区の河川改修
     住所:兵庫県佐用町
  19. 旧橋時代の眺めと歴史を継承」(2013年7月8日号)
     名称:余部鉄橋「空の駅」展望施設
     住所:兵庫県香美町
年月日号は、日経コンストラクションに掲載した号数。番号は上の関西の地図内の番号と一致している。各タイトルをクリックするとより詳細な記事を見ることができる(有料記事やPDFダウンロードのページへ)(資料:日経コンストラクション)

 これらの中から、ライターの大井智子氏が選んだ3つのインフラツーリズムは、京都を中心に回る「京都市内ぶらり旅」、滋賀県草津市の「草津川跡地公園」、兵庫県香美町の「余部鉄橋『空の駅』展望施設」だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら