全国でお勧めの「土木のチカラ」版インフラツーリズム。北陸・中部地方編では、佐渡島や軽井沢、修善寺、富士山など、名だたる観光地名が目に付く。観光名所に訪れる際は、足を延ばして土木構造物も見に行こう。

北陸・中部地方でお勧めの「土木のチカラ」版インフラツーリズム。図中の番号は、下の囲みの番号と一致している(資料:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

北陸・中部 地域

  1. 鉱山施設の遺構に溶け込む広場」(2010年11月12日号)
     名称:旧佐渡鉱山北沢地区工作工場群跡地広場、大間地区大間港広場
     住所:新潟県佐渡市
  2. 圧巻の渓谷美がもてなす『トンネルの旅』」(2018年10月8日号)
     名称:清津峡渓谷トンネル
     住所:新潟県十日町市
  3. 30年がかりでつくる地域の森」(2009年9月25日号)
     名称:YKKセンターパーク
     住所:富山県黒部市
  4. 細やかな意匠で“桁橋離れ”した存在感」(2012年5月14日号)
     名称:富山大橋
     住所:富山市
  5. 川に“浮かぶ”天満宮」(2018年12月24日号)
     名称:梯川分水路
     住所:石川県小松市
  6. 大自然に溶け込む銀盤のデザイン」(2018年3月26日号)
     名称:軽井沢星野エリア ケラ池スケートリンク
     住所:長野県軽井沢町
  7. 信号撤去し『ラウンドアバウト』に改修」(2013年4月22日号)
     名称:東和町交差点
     住所:長野県飯田市
  8. 世界遺産の一翼担う小さな橋」(2014年3月10日号)
     名称:滝見橋
     住所:静岡県富士宮市
  9. 駅を挟んだ南北を緩やかにつなぐ」(2015年1月26日号)
     名称:修善寺駅北広場
     住所:静岡県伊豆市
  10. 市中心部で新たに生まれた『明るい森』」(2015年10月26日号)
     名称:みんなの森 ぎふメディアコスモス
     住所:岐阜市
  11. 雄大な木曽川の景観になじむ橋」(2013年11月25日号)
     名称:各務原大橋
     住所:岐阜県各務原市
  12. 駅前に生まれた地域の原風景」(2017年1月23日号)
     名称:虎渓用水広場
     住所:岐阜県多治見市
年月日号は、日経コンストラクションに掲載した号数。番号は上の関西の地図内の番号と一致している。各タイトルをクリックするとより詳細な記事を見ることができる(有料記事やPDFダウンロードのページへ)(資料:日経コンストラクション)

 大井ライターが選んだ3つのお勧めインフラツーリズムは、新潟県佐渡市の「旧佐渡鉱山北沢地区工作工場群跡地広場、大間地区大間港広場」、新潟県十日町市の「清津峡渓谷トンネル」、静岡県富士宮市の「滝見橋」だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら