日産自動車が2019年7月に発売した新型「スカイライン」は、「プロパイロット2.0」と呼ぶ運転支援機能を搭載しているのが特徴だ。なかでも、高速道路上の同一車線内での手放し運転を可能とする機能「ハンズオフ」と、車線変更の操舵(そうだ)をシステムが支援して先行車の追い越しなどが行える「車線変更支援機能」については多くの注目が集まっている。

 このプロパイロット2.0を搭載したスカイラインを試乗しながら、日産自動車の電子技術・システム技術開発本部AD/ADAS先行技術開発部HMI開発グループ主管の寸田剛司氏に話を聞いた(図1)。前編に引き続き、プロパイロット2.0の実力に迫る。

図1 プロパイロット2.0をスカイラインのハイブリッド車に搭載
日産自動車が2019年7月に発売した新型セダン「スカイライン」。開発に携わった日産自動車の電子技術・システム技術開発本部AD/ADAS先行技術開発部HMI開発グループ主管の寸田剛司氏に話を聞いた。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 試乗したのは、スカイラインのハイブリッド車(HEV)「GT Type SP(HYBRID)」だ。走行したのは、中央自動車道の河口湖インターチェンジから上野原インターチェンジまでの往復80kmの区間だ。激しい雨が降った影響で、一部の区間は制限速度が50km/hに規制されていた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら