日産自動車が2019年7月に発売した新型「スカイライン」は、「プロパイロット2.0」と呼ぶ運転支援機能を搭載しているのが特徴だ。なかでも、高速道路上の同一車線内での手放し運転を可能とする機能「ハンズオフ」と、車線変更の操舵(そうだ)をシステムが支援して先行車の追い越しなどが行える「車線変更支援機能」については多くの注目が集まっている。

 このプロパイロット2.0を搭載したスカイラインを試乗しながら、日産自動車の電子技術・システム技術開発本部AD/ADAS先行技術開発部HMI開発グループ主管の寸田剛司氏に話を聞いた(図1)。前編、後編の2回にわたって、プロパイロット2.0の実力に迫る。

 試乗したのは、スカイラインのハイブリッド車(HEV)「GT Type SP(HYBRID)」だ(図2)。スカイラインにはガソリンエンジンのモデルもあるが、プロパイロット2.0はHEVモデルにのみ搭載している。走行したのは、中央自動車道の河口湖インターチェンジから上野原インターチェンジまでの往復80kmの区間だ。

図1 スカイラインの運転支援機能で手放し運転
日産自動車の新型「スカイライン」に搭載した運転支援機能「プロパイロット2.0」は、高速道路上での同一車線内で手放し運転が可能になる。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 スカイラインのハイブリッド車にプロパイロット2.0を搭載
日産自動車が2019年7月に発売した新型セダン「スカイライン」。プロパイロット2.0はハイブリッド車(HEV)のモデルに搭載している。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 当日は、あいにくの雨模様だった。一部の区間で激しく降っているとの情報もあり、プロパイロット2.0の機能を全て体験できない心配があった。プロパイロット2.0では、フロントウインドー上部に設置した3眼カメラで車線の白線を認識している。激しい雨の場合はフロントウインドーに付着した雨滴などが影響して白線を正しく認識できない可能性があることから、事前に機能を制限する仕組みになっているからだ。

 制限する判断要素として、白線を認識するカメラでの判定だけでなく、ワイパーの作動状況も利用している。ワイパーを高速で作動させなくてはならない状態であれば、フロントウインドーにも雨滴が付きやすい状態であると判断している。判定要素を複数持つことで、より安全側で作動させるといった考えだ。

 ワイパーの速度が「オフ」もしくは「間欠作動」の場合は、ハンズオフ機能が利用できる。ワイパー速度が「LO(ロー:低速連続作動)」の場合は、手をハンドルに添えた状態であれば同一車線内での運転支援機能が使える「ハンズオン」の状態に制限する。ハンズオンは、「セレナ」や「リーフ」といった車種が搭載する従来のプロパイロット機能と同様に、同一車線内での運転支援機能に当たる。

 さらに、「HI(ハイ:高速連続作動)」になった場合は車速と車間制御を行うクルーズコントロール機能だけが使える状態となる。その際、ステアリングホイールの制御は行われないため、運転者が操舵する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら