日産自動車は2019年7月16日、大幅な部分改良を施した新型セダン「スカイライン」を発表した(図1)。発表前から進化版の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」の搭載を予告していたが、同技術を搭載したのはハイブリッド車(HEV)モデルのみ(「日産のプロパイロット2.0、ナビ連動で車線変更や追い越しを支援」)。ガソリンエンジンモデル(ガソリンモデル)では、同技術の採用はオプションも含めて見送った。

図1 大幅な部分改良を施した新型セダン「スカイライン」
図1 大幅な部分改良を施した新型セダン「スカイライン」
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 その背景にあるのが、同新型車ではHEVモデルとガソリンモデルの方向性を明確に分けて開発するという大方針だ。具体的には、「HEVモデルは(同社の知能化・電動化・コネクテッド技術の総称である)『Nissan Intelligent Mobility』の象徴と位置付け、一方のガソリンモデルは走りの象徴として開発した」(同社、図2)。

図2 新型スカイラインの開発の狙い
図2 新型スカイラインの開発の狙い
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

HEVモデルは操舵のトレース性も向上

 両モデルの主な改良点は次の通りである。HEVモデルでは、最大の目玉は、前述のプロパイロット2.0の標準搭載である。詳細は前述の記事「日産のプロパイロット2.0、ナビ連動で車線変更や追い越しを支援」に譲るが、高速道路上での、同一車線内の手放し(ハンズオフ)とナビゲーションに連動した車線変更や追い越しの支援を可能にした。高速道路限定だが、ナビゲーションに設定した目的地に向かうために車線変更が必要なときや、前方に遅い車両が存在するときに、システム側が車線変更するかどうかを問いかけてきて、それに対して運転者が承認ボタンを押すと、システム側が自動でターンシグナルを点滅させ車線変更を実施する。

 その基盤となっているのが、高速道路の形状をセンチメートルレベルでデータ化した3次元(3D)地図(全ての車線の区分線の情報と速度標識、案内標識などの情報も持つ)である「3D高精度地図データ」、白線や標識、周辺の車両などを360度検知する「360度センシング」、360度センシングで得られた周辺情報や車両システムの状況をリアルタイムに分かりやすく運転者に伝えたり運転者をカメラで監視したりする「インテリジェントインターフェース」といった技術とする。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら