写真(左下):井関農機、写真(左上):JR東日本、写真(右):相鉄企業
[画像のクリックで拡大表示]

 僻地、農地、商業施設、そして原発の構内̶̶自動運転技術は多様なフィールドで実用化に向けた検討が進んでいる。自家用車ではなく「はたらくくるま」こそが、自動運転技術の真価を発揮できる。2020年を見据えた技術開発と市場開拓への取り組みを紹介する。