システムインテグレーション(SI)に使う要素技術の将来性を明らかにする目的で情報サービス産業協会(JISA)が会員企業の技術者を対象に調査した『情報技術マップ』の2019年6月発行版がまとまった。11カテゴリー119の要素技術に対し2019年3月末までに42社の1491人が回答した。

 「利用する計画がある技術」の順位を見ると「クラウド型データウエアハウス」が1位だ。同技術は2014年版調査で6位に初登場、その後8位、12位、8位と来て昨年は2位に浮上していた。続く2位には技術なのかやや疑問だが「デザイン思考」が入り、3位は「テキストマイニング」だった。1位と3位に加え、4位のデータマイニング、6位のクラウド型RDBMS、8位のクラウドデータ連携技術などデータ分析・活用に関連する技術が上位に来ている。ただしこれらの利用実績の順位はまだ低い。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら