建設業界でよく使われる専門用語。あなたはいくつ答えられるか――。

 日経コンストラクションは、独自に選定した専門用語40語について、アンケート調査を実施した。調査ではそれぞれの用語について、「意味を知っている」「聞いたことはある」「知らない」の3択で答えてもらった。記事ではこのうち「意味を知っている」と答えた割合を「認知度」と呼ぶ。

 5分程度で診断できるので、専門用語の認知度診断にぜひ挑戦してほしい。

Q.40個の専門用語の意味を知っていますか?

  • □ i-Construction □ BIM/CIM
  • □ 5G □ AI
  • □ VR・AR・MR □ドローン
  • □ SLAM □ LPWA
  • □ MaaS □ 準天頂衛星「みちびき」
  • □ Society 5.0 □ デジタルツイン
  • □ インフラオープンデータ □ IoT 
  • □ SaaS □ RPA
  • □ サブスクリプション □ SIP
  • □ PRISM □ コンセッション
  • □ PPP □ ECI
  • □ 建設キャリアアップシステム □ 特定技能
  • □ WBGT □ フルハーネス
  • □ ウエアラブルセンサー □ グリーンインフラ
  • □ ESG □ SDGs
  • □ RE100 □ タイムライン
  • □ 土砂・洪水氾濫 □ 危機管理型水位計
  • □ インフラツーリズム □ 関係人口
  • □ BRT □ コンパクト・プラス・ネットワーク
  • □ CFRP □ 自己修復材
(資料:日経コンストラクション)

 先に結論から言っておくと、認知度の単純平均は、わずか30%だ。次のページに回答と各用語の認知度を一挙公開する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら