福岡を中心に1980年代生まれの若手建築家の活躍が目立ってきた。例えば、百枝優氏(百枝優建築設計事務所主宰)、そして佐々木翔氏(INTERMEDIA取締役)と慧氏(KEI SASAKI architects主宰)の兄弟。3人は、いずれも九州大学芸術工学部の土居義岳研究室の出身で、現在、同学部で非常勤講師を務めている。

2019年5月28日、土居義岳氏の九州大学芸術工学部環境設計学科教授としての最終講義の直前に撮影した。写真の右手から百枝優氏、佐々木慧氏、佐々木翔氏、岩元真明氏。百枝氏、佐々木翔氏と慧氏の兄弟は3人とも、同大学土居研究室の出身で、現在、非常勤講師を務めている。同大学助教の岩元真明氏は、土居氏が中心となって立ち上げた九大大学院環境設計グローバル・ハブの中心メンバーの1人(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年6月いっぱいで同大学を退職した土居義岳氏(現・九州大学名誉教授)は、建築史が専門ながら、設計教育に力を入れ、多くの置き土産を残している。

 代表的な1つが、全国の学生たちの意欲的な設計案について議論する「デザインレビュー」だ。「建築を語る言葉が福岡にはない」という井本重美氏(IMOTOアーキテクツ)の働き掛けから、土居氏が立ち上げに尽力した。これは「せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦」のモデルにもなった。佐々木慧氏は、2010年のデザインレビューとせんだい日本一決定戦でともに2位に輝いている。

 もう1つが、九州大学での土居流の設計課題。一辺25cmほどの立方体をどう分割するかを考えさせる。「卵(らん)が細胞分裂を繰り返すことで、生命体へと成長する。『始原の二分割』こそがあらゆる建築の原型」(土居氏)という考えに基づいている。そのうえで非常勤講師に具体的なテーマを設定してもらい、機能や敷地などに適合させる。手を動かしてリアルな設計を進め、その中で分析しながら空間の分割方法と結び付けて意味付けを行う。自分の設計を形式化し、言葉で説明する能力を重んじた。

土居義岳氏(建築史家、九州大学名誉教授)。どい・よしたけ:1956年生まれ。79年東京大学卒業。83~87年パリ留学。89年同大学大学院博士課程満期退学。90年同大学助手。92年九州芸術工科大学(現・九州大学)助教授、2003年教授。19年7月名誉教授(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら