愛知県岡崎市による「乙川リバーフロント地区公民連携まちづくり基本計画(QURUWA戦略)」では、市のアドバイザーとして建築家の藤村龍至氏(東京芸術大学准教授)、水都大阪で知られる都市プランナーの泉英明氏(ハートビートプラン代表)、清水義次氏(アフタヌーンソサエティ代表)らが名を連ねる。この座組みをサポートしたのが、「NPO法人岡崎まち育てセンター・りた」だ。

 りたの事務局長を務める天野裕氏は、同NPO法人の役割を「住民と行政、専門家が垣根を越えて地域の資源を掘り起こし、使いこなすための触媒」と話す。

NPO法人岡崎まち育てセンター・りたの事務局長を務める天野裕氏(写真:有岡 三恵)
[画像のクリックで拡大表示]
中心市街地の空洞化や高齢化の課題を抱える岡崎市。観光産業都市、コンパクトシティーを目指し、公民連携で乙川リバーフロント地区の回遊動線の活性化を計画中(資料:岡崎市)
[画像のクリックで拡大表示]
2016年度の推進体制。公民連携まちづくり推進のため、官民連携調整会議、デザイン会議、推進会議の3つの会議を2016〜17年度に開催。りたは、まちづくり組織として官民連携調整会議のメンバーを務めた。藤村氏や泉氏、清水氏らはデザイン会議に専門家として参加し、岡崎市市政アドバイザーを務める(資料:岡崎市)
[画像のクリックで拡大表示]

 大学でまちづくりを学んだ天野氏と三矢勝司氏が中心となり、りたは創設された。ともに岡崎市出身で小中学校の同窓生。「地元岡崎でまちづくりをやりたい」と、1999年につくった自主組織「岡崎CDC研究会」が前身となる。CDCは、米国各地にあるまちづくりNPOにちなんだ名称だ。

 手弁当で公園の使い方を提案する住民ワークショップなどを開く活動が功を奏し、東西南北に整備される地域交流センターの運営や行政と市民をつなぐ中間支援を担う組織として、2006年に新たにNPO「りた」を発足。名称には「利他」という意味が込められている。

 代表的なプロジェクトが、08年に開館した「岡崎市図書館交流プラザLibra(りぶら)」だ。中心市街地の活性化や新時代の図書館づくりなどの課題に対し、構想・計画・運営の各段階で、市民と行政をつなげるワークショップなどを企画・コーディネートした。

 その過程で、市民が生涯学習イベントや託児サービスなどを担う「りぶらサポータークラブ」が誕生。「岡崎では公共施設運営の手法として、市民参加が常識になった。行政任せではなく、市民自ら公共の担い手となり得ることを証明できた」と天野氏。人口38万人の市で、年間で延べ100万人の入館者目標に対して、開館10年を経た今も毎年140万人以上が訪れる。

「岡崎市図書館交流プラザLibra(りぶら)」の構想から開館までに関わった組織のタイムライン。りたは市民と行政をつなぐ中間支援組織として、まちに根付いた(資料:りた)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら