山形庄内の魅力を体感する、田んぼに浮かぶホテル――。こんなコンセプトで、2018年にオープンした山形県鶴岡市の「SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE」(ショウナイホテル スイデンテラス、以下スイデンテラス)。建築家の坂茂氏が設計を手掛けた初のホテルで、周囲に広がる水田の景色を楽しみながら滞在できる。SHONAIは「庄内地方」を指し、鶴岡市や酒田市を含む山形県の日本海沿岸平野地域の呼び名だ。

ヤマガタデザイン代表取締役の山中大介氏。背後がスイデンテラス(写真:長井 美暁)
[画像のクリックで拡大表示]

 中央の共用棟は混構造で、3つの宿泊棟とドーム状の温泉棟は木造だ。発注・運営者であるヤマガタデザイン代表取締役の山中大介氏は、「わざわざ鶴岡に来て、コンクリートの箱の中で過ごしたいとは誰も思わないだろうから、木でつくりたかった。耐用年数と融資期間の関係などから、そんな発想を実現しようとする人はいないらしく、世にも珍しい、日本最大級の木造ホテルが出来上がった」と笑う。敷地はもともと田んぼのため、地震などに備えて建設時に杭(くい)を深く打っており、2019年6月18日に発生した山形県沖地震での被害はなかった。共用棟は災害時の拠点にできるようにしている。

南東側から見たスイデンテラス。「この角度から見たときのホテルが一番美しい」と、手前の水田にも建物をつくる計画は取りやめた。サイエンスパークがある場所は鶴岡市の都市計画の北限で、市街地と農村部の中間地点に当たる。「サイエンスパークという名称なのに田んぼしかないのが面白いと思った。そこから『田んぼに浮かぶホテル』という発想が生まれた」と山中氏(写真:長井 美暁)
[画像のクリックで拡大表示]
客室や共用部では紙管が適所に使われている。スイデンテラスの客室数は143室。木造ドーム状の温泉棟もあり、半地下にフィットネス施設を備える(写真:ヤマガタデザイン)
[画像のクリックで拡大表示]

 スイデンテラスの少し南側にある、同じくヤマガタデザインが運営する全天候型の児童施設「KIDS DOME SORAI」(キッズドーム ソライ、以下ソライ)も坂氏の設計だ。いずれも「鶴岡サイエンスパーク」内に立つ。新たな産業を生み出すことを目的に、鶴岡市が2001年から年間数億円を投じている一帯で、慶応義塾大学の先端生命科学研究所や、Spiber(スパイバー)をはじめとするバイオベンチャー企業が集まる。

 開発予定地は21ヘクタールと広大だ。しかし、山中氏がまちづくりに取り組む前は、その3分の2に当たる14ヘクタールが未着手だった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら